車酔い4

「なるほど」というものから「?」というものまで、様々な対処法を見てみましょう。

1.降車する
 冗談のようですが、乗車中であれば「乗り物酔い」なのですから乗り物から降りてしまうのが一番です。駐車スペースを見つけて降車し、深呼吸をしたり遠くの景色を眺めたりして気持ちや体調を整えてください。予定を気にして先を急がずに休憩する勇気も大切です。


2.酔い止めの薬を飲む
 「酔い止め」といえば薬を飲むのが一般的ですね。酔い止めの薬には自律神経を整える成分や胃腸が異常に活動するのを鎮める成分が含まれていて吐き気などを防止する効果があります。お医者さんや薬屋さんにいる薬剤師さんに相談して自分の体に合った薬を探してください。


3.揺れや加速度に体を慣らす
 即効性は期待できないのですが、効果は大きいと思われます。子供の頃は乗り物酔いをしていたのに大人になったらしなくなった方は多いでしょう。成長するにつれ三半規管などが発達することも理由の一つですが、車に乗る経験が多くなり身体が車の揺れに慣れることにより酔わなくなることがあります。人間は、予期できる動きや過去に経験した動きからの刺激に対しては鈍感になる傾向があるようなので、何度も車に乗れば過度に刺激を感じることが無くなり、乗り物酔いしなくなるのです。ちなみに車内で本やテレビなど一点を見つめていると車酔いしやすいのは、車外を見ていないため揺れの予測がつきにくく、揺れに対する体の準備ができないからです。


4.車体の中心に近いところに乗る
 車体の中心に近ければ揺れが少なくてすみます。車の前輪と後輪の中間に近い席に座るとよいでしょう。4〜5人乗りの2列シートの車では助手席、3列シートのワゴンタイプの車などは助手席か前から2列目あたりが良いようです。


5.自分で運転する
 自動車の運転免許をお持ちの方は自分で運転をしてみてはいかがでしょう。ドライバー自身が車酔いになったというのはあまり聞きません。人間は予期できる動きからの刺激に対しては鈍感になる傾向があるというのはさきほど触れましたが、自分で運転すればもちろん自分で操作するわけですから次は車がどう動くか予測がつきます。また運転時は視線を安定させようとしてカーブなどで遠心力に負けないように無意識のうちに頭を動かさないようにしているはずです。その上車の操作に集中していれば同乗しているより余計な考え事をしなくなり酔う不安が減り、車酔いの要因を少なくできます。


6.ツボを刺激する
 手のひらを上に向け、手のひらと手首の間にあるしわから約3センチ(大人の指で約1本半)ひじ側に移動したところに内関(ナイカン)という自律神経の働きを整えるツボがあります。ここに米粒大のビーズや1円玉などを絆創膏で貼り付けてその上から軽く押すと乗り物酔いに効果があると言われています。またカー用品やトラベル用品などを扱うお店でここを刺激するための「酔い止めバンド」を販売していますので、それを利用してもいいでしょう。


7.車内で楽しむ
 仲のよいお友達との会話や気に入った音楽をきくなど心をリラックスさせるのも効果的。周囲の協力も必要ですが、会話を楽しんでいるうちにいつの間にか到着!なんてことがあれば最高ですね。


8.暗示
 これは逆効果になる危険性もあるのですが、「私は乗り物酔いしない」と思い込むことや「これを食べる(飲む)と私は酔わない」と自己暗示することで効果がある方もいます。「梅干し」が効くとよく耳にしますが、医学的根拠ははっきりしていないようです。梅干しを食べると口の中や胃の中がスッキリして気分がよくなるという心理的効果が大きいのかもしれません。
 また自分自身で行なうことは出来ないのですが、偽薬(プラシーボ、プラセボともいいます)の暗示効果(錯覚)を利用する方法もあります。乗り物に弱い人に「酔い止めの薬」と言って小麦粉やお菓子のラムネの粒などを渡して飲ませるのです。「酔い止めの薬を飲んだから大丈夫」と自己暗示にかかれば、ある程度の効果が期待できます。薬の副作用が気になるお子さんなどにはよいかもしれませんが、当然小麦粉やラムネに乗り物酔いを抑える薬効はありませんので、それを承知の上で行なわなければなりません。
以上のようにいろいろ対処法を挙げてみましたが、すべての人に100%の効果をもたらす方法はありません。また今回あげた対処法をすべて試せば必ずどれか効果があると断言はできませんし、今回紹介した方法以外にも効果的な対処法があるかもしれません。しかし、「ドライブ」と聞くと酔うのではないかと不安になったり、実際毎回同じように酔ってしまうような方はいくつかお試しになってはいかがでしょうか。

車酔い3

「我が子は母親が運転すると大丈夫なのに、父親が運転すると気分が悪くなってしまう」ということはありませんか?その時々のお子さんの心理状況や体調なども影響しているのでしょうが、もう一つ気になるのが「運転方法」。ドライバーにとっては気にならない車の揺れが乗り物酔いしやすい人には不快に感じたりするものです。

 ではどのように運転すればよいのでしょうか。「車酔いをさせない運転」という特別な方法があるわけではなく、安全でスムーズな運転を心がければよいのです。急激に発進したり停止したりハンドルを切ったり、小刻みにアクセルを踏み込んだりすると必要以上に頭が揺さぶられて車酔いしやすくなってしまいます。緊急時以外は急激な操作は禁物です。また「このドライバーの運転は危ない、事故を起こすかもしれない」と同乗者が感じると心理的に不安になり車酔いを誘引します。「安全運転」が同乗者にとっての「安心運転」にもなっているのです。

車酔い1

(1) 乗り物酔いのメカニズム
  耳の奥(内耳)に三半規管というバランスをつかさどる器官があります。三半規管の中にあるリンパ液が体の傾きを察知して脳に信号を送り身体のバランスを保っています。

 歩いている時などは歩く速さと同じスピードで景色も動くので、三半規管で察知しているバランス感覚と目で見える景色や体(筋肉)で感じる知覚との調和がとれているのですが、車などに乗っている場合、絶えずリンパ液が揺さぶられる状態にある上、「自分は車の座席でじっとしている」のに「景色がどんどん変わるし体も上下左右に揺れている」という感覚のズレも加わって、体が変調をきたし乗り物酔いがおきてしまうのです。

 個人差がありますが一般的に横揺れより縦揺れの方が酔いやすく(車の左右の揺れは大丈夫でも船の上下の揺れはダメという人がいますよね)、大人より感覚が敏感で頭が不安定な子供のほうがなりやすいと言われています。

 また、乗り物酔いは人間だけのものではなく、犬などにもおこるようです。家族の一員としてかわいいペットをドライブ旅行に連れて行く方も増えてきていますが、車内ではこまめに様子を見てあげてください。


(2) 具体的な要因
 要因も十人十色なのですが、一般的に睡眠不足、空腹、満腹、疲れていた、変な姿勢で乗りつづけたなどの身体的要因、車に乗ることに慣れていない、カーブや揺れの多い道を通った、ガソリンや車内の匂いが嫌い、車内で本やテレビを凝視していて揺れに体を任せていたなどの外的(物理的)要因、自分は乗り物酔いすると思い込んでいる、心配事や不安な事を抱えていたなどの心理的要因などがあげられます。

 個人差が大きく要因も複雑に絡み合う乗り物酔いですが、心身が健康な状態で乗車すれば、ある程度防げることも多いのがおわかりかと思います。楽しいドライブは乗る前から始まっているのです。

休憩施設の有効利用2

(1)道の駅とは

 日本国民の約半数が普通自動車の運転免許を持っているという現状において、「ドライブ」は気軽で人気のあるレジャーの1つとなっています。ドライブをはじめとする道路交通において、円滑な車の流れの確保とともに休憩できるスペースを設置する重要性が問われるようになりました。そのような情勢の中、《1》道路を利用する人たちの休憩の機能、《2》道路を利用する人たちとその周辺地域との情報交流の機能、《3》活力あるまち作りを行なうための地域の連携機能 を併せ持つ休憩施設として道の駅が誕生しました。

 道の駅の数(登録数)は平成5(1993)年4月の第1回登録103箇所からスタートし、年々順調に増えつづけ、平成12(2000)年8月の第16回登録で610箇所になりました。設置場所は原則として地域の幹線道路で付近に駐車場を持つ休憩施設がないような場所に設置されることになっており、国道ばかりでなく、主要地方道や都道府県道などにも設置されています。

 高速道路から離れた地域にドライブに行くときや、高速道路を使わずに道中いろいろ寄り道をしながらドライブする時などに疲れをいやしたり、地域の特色に触れたりできる道の駅に立ち寄ってはいかがでしょうか。


(2)道の駅の機能(設備)

 いずれの道の駅も駐車場、トイレ、電話が備えられていて、24時間利用可能です(原則として駐車場、トイレについては身体障害者用が用意されています)。また食事ができるレストランや食堂、地域の特産品を販売している売店、観光資料などを入手できるスペースなどは多くの道の駅に備えられています。その他に情報表示板やパソコンなどを備えてその地域の道路・観光情報を提供している道の駅もあり、休憩のみならず快適なドライブをフォローしてくれます(駐車場、トイレ、電話以外は原則として夜間は閉まっています)。

 上記のような機能・設備に加えて、各々の道の駅において各地の特色などを生かした独自の施設があります。どのような施設があるか簡単にご紹介しましょう。
宿泊
 宿泊できる道の駅があります。ドライブルートを外れずに宿泊できるというのは便利ですよね。利用するときは事前に宿泊可能か問い合わせて予約をしましょう。


温泉
 温泉ブームといわれて久しいですが、温泉地に近い道の駅を中心に温泉があります。旅行の道中に寄ったり、家族連れで温泉目当てに訪れてはいかがでしょう。また温泉のお湯を持ち帰ることができる温泉スタンド(有料)を備えた道の駅もあります。


キャンプ・オートキャンプ場
 キャンプの愛好者も増加傾向のようですが、キャンプ場を備えた道の駅が多くあります。オートキャンプ場もありますので車とアウトドアを愛する方にも最適です。


史料館・博物館
 その地域の風土やかつての生活をうかがい知ることができます。お子さんの社会科見学などにも利用できるのでは?


体験農園・体験工房
 果物狩りや野菜の収穫が体験できる農園や民芸品、木工、そば打ち、パン作りなどが体験できる工房を備えた道の駅もあります。予約が必要な場合が多いので事前に確認をして下さい。

ドライブプランを立てよう4

道路地図はただ単にコースを眺めるだけのものではありません。道路地図がドライバーに教えてくれることがらには、道路の勾配や、景色のビューポイント(見どころ)、地点間の距離や所要時間など盛りだくさんなのです。
 ドライブプランの段階で、地図を見て渋滞予測するのも、ベストドライブの必携テクニックといえるでしょう。

1) 高速道路終点はひとつ手前で下りる。
 主要観光地へつながる高速道路のICの下り口はシーズンになれば、大渋滞になります。料金所での支払いのための車の停止や、料金所を出てから一般道へ入るところでの信号待ちの渋滞が続くからです。
 この渋滞を回避するには、目当てのICのひとつ手前のICで下りることを検討しましょう。渋滞の列に並ぶより、ひとつ手前の出口で下りて、目的地に走る方が早い場合がけっこうあります。

2) 右折車線側にある高速道路ICの入り口は避けたい。
 交差点は比較的渋滞が発生しがちですが、右折車線から高速道路のIC入ロへ通じる交差点は最も渋滞が発生しやすいものです。右折レーンが短い道路などは、本線にまで渋滞が続き、結果、右側1車線は右折車のために直進車まで影響を受けてしまいます。
 こういった交差点はあらかじめ検討し、回避するルートを探すことも方法です。

3) 橋や立体交差道路は渋滞しがち。
 橋の手前で交差する道路が多い場合は合流などで渋滞が発生しやすくなります。また、橋同様、立体交差道路がある場合もその周辺に渋滞が発生します。特に右折ラインへの交差点は最悪です。
 あらかじめ地図で、橋の周辺や立体交差道路の周辺を確認し、同じ川にかかっている橋で手前に交差点の少ないところへ迂回する、立体交差道路より手前の交差点を使って立体交差道路を避ける、という方法が検討できます。

ドライブプランを立てよう3

同乗者の希望や観光ポイントがまとまったら、ドライブに持参できるように、オリジナルのドライブマップを作りましょう。市販の道路地図でいいでしょう。できれば、地元の観光資料や地図があれば完璧です!特に地元の観光協会等が発行している地図や資料は観光地内の駐車場や周辺駐車場情報、一方通行案内などがわかるので便利です。

 地図にはドンドン書き込みをすべきです。カラーぺンなどでマーキングしましょう。観光ポイントとコースを記入したら、所要時間を算出します。

 目安は、1時間当たり高速道路は約60〜70キロ、一般道は約20キロぐらいです。実際はもう少し早く走行できますが、休憩時間・小渋滞、信号待ちを考慮すればこの程度に落ち着くようです。

ドライブプランを立てよう2

ドライブの目的をはっきりと決めて、絶対に見ておきたいポイント、絶対に遊びたい所、などをドライブ前に選んでおいて、優先順位を付けておきます。

 最優先のポイントを中心に結んだコースを作り、それに沿って、第2、第3のポイントをチェックしておきます。

 道路の混雑状況に応じて、前もって決めた観光ポイントを調整します。時間に余裕が出れば第3ポイントも、渋滞や観光で時間が無くなれば最優先ポイントだけを巡る、というフレキシブルな対応が可能です。

雨の日の注意するところ

雨の日は道路の表面水により滑りやすくなってますので急発進、急ハンドル、急ブレーキは危険です。また、スピードを出しすぎるとハイドロプレーニング現象が起きてしまいます。スピードの出し過ぎには注意しましょう。
あとは外から車に乗ったとき持ち込まれる雨の滴。こいつが意外とくせもので、靴底はゴムだから大丈夫だと思っている人もいると思いますが、ブレーキの端を踏んでしまうと簡単に滑ってしまい危険です。
傘カバーやぞうきんなどで水滴予防しましょう!傘カバーはコンビニやスーパーの入り口においてある物でも十分代用できますよ。
あとガラスコーティングしてある車はスタンドなどでの窓ふきサービスは断りましょう!
油膜の原因や撥水材のむらの原因になってしまう場合があるからです。

休憩施設の有効利用1

(1) サービスエリア・パーキングエリアとは

  高速道路や有料道路を利用したことがある方の多くは既にご存知かと思いますが、サービスエリア(以下SAと記します)・パーキングエリア(以下PAと記します)とは高速道路等に設置されている休憩施設のことで、駐車場やトイレをはじめ様々な設備を備えています。日本道路公団(JH)が管理している高速道路等の休憩施設は、主に(財)道路サービス機構(愛称ジェイサパ)と(財)ハイウェイ交流センター(愛称ハロースクエア)によって管理運営されています。諸条件により配置間隔は異なりますが、平均するとSAは概ね60キロ間隔、PAは隣接のSA、PAから概ね20キロ間隔で設置されています。

 PAは駐車場、トイレ、休憩スペース、売店などの設備をもつ休憩施設で(休憩スペースや売店が無いPAもあります)、SAは駐車場が大きく、トイレ、休憩スペース、売店に加えてレストラン、給油所などの施設を備えています(レストランや給油所が無いSAもあります)。例外もありますがSAとPAの違いは「規模の違い(SAの方が大きい)」と覚えておけばよいかと思います。また基本的にPAには給油所がありませんが、SAとSAの間隔が広い地域ではその間にあるPAにガソリンスタンドが設置されている場合もあります。

 長時間単調な運転を続けていると判断力や集中力が低下してきますし、お腹がすいたりおみやげを買いたくなる時もあるかと思います。安全運転のためにもドライブを楽しむためにもSAやPAを上手に利用して2時間に1回程度休憩をとりましょう。

 また、その他にSA・PAと地域の拠点となる施設を一体的に整備した「ハイウェイオアシス」と呼ばれる施設もあります。ハイウェイオアシスとはSAやPAと連結する第二駐車場を設け、そこに車を置いて周辺のレジャー施設等へ出入りできるように作られた施設のことです。スキー場に行ける上信越道佐久平PAや海水浴場へ行ける北陸道徳光PAなどユニークな施設もたくさんあり、もはや「休憩」の枠をこえてレジャーの目的地となっています。


(2) 便利なサービス機能(平成13年1月18日現在)

 基本的な設備は前項で記した通りですが、ここではユニークで便利なサービスについて いくつか挙げてみましょう。なおSA・PA名称が緑色のものは(財)道路サービス機構(愛称ジェイサパ)が、青色は(財)ハイウェイ交流センター(愛称ハロースクエア)が管理運営しています。
(参照:(財)高速道路調査会発行「平成12年4月版高速道路料金表」および(財)道路サービス機構<ジェイサパ>、(財)ハイウェイ交流センター<ハロースクエア>ホームページ)

宿泊施設
 東名足柄SA(上り)、名神多賀SA(下り)にあります。仮眠、宿泊、休憩、入浴などができます。またドライブの疲れをとるためのマッサージコーナーもあります。高速道路を下りたくないけど目的地まで1日では無理というときなどに利用してはいかがでしょう。


マッサージコーナー
  前述の宿泊施設に付随する2ヶ所(東名足柄SA(上り)、名神多賀SA(下り))に加え東名海老名SA(上り)、東名阪道御在所SA(上り)などにあり、好評のようです。また、山陽道宮島SA(下り)などにはマッサージ機(有料)が常設されています。


お風呂
  前述の宿泊施設に付随するものに加え、東名足柄SA(下り)、中央道諏訪湖SA(上下とも)に入浴施設があります。ドライブで疲れた体をリラックスさせるのに最適ですね。


現金の引き出し、預け入れ
  東名足柄SA(上下とも)、東名海老名SA(上下とも)などに現金の自動預払機(ATM)があります。また、東名浜名湖SA(上下集約型エリア)、東北道佐野SA(上り)など全国7箇所のSAにはATM機能とともに観光情報提供機能や旅館等の宿泊予約機能などを備えた大変便利な多機能型情報端末機「SaPaナビ」があります。旅の資金が足りなくなった!なんて方はお立ち寄りください。


コインランドリー
  東名足柄SA(上下とも)、東名中井PA(下り)、東名鮎沢PA(上り)、東名牧之原SA(上り)、名神多賀SA(下り)に洗濯機、乾燥機を備えたコインランドリーがあります。長旅の時や着替えを持ってきてないのに服を汚してしまった時などに便利です。


FAXサービス
 インフォメーションのコーナーを設けているSAの多くにあります。急ぎの仕事でFAXを送信したい時などには便利です。


宝くじ
 東北道上河内SA(下り)、九州道古賀SA(上り)など全国約20箇所のSA・PAで発売しています(「ナンバーズ」等一部のくじについては取扱っていない場合があります)。


ベビーベッド
 ベビーベッドを備えたSA・PAが全国に点在しています。赤ちゃんのおむつを取り替えるときなどに便利ですね。


身体障害者の方のための設備
 日本道路公団(JH)が管理している高速道路等にあるすべてのSA・PAに身体障害者専用の駐車スペース、トイレが設置されています。駐車スペースは売店やトイレに近く、屋根がついていることが多いので、乗降も落ちついて行なうことが出来ます。
 なお身体障害者専用の駐車スペースには身体障害者以外の方は駐車しないようにしましょう。お互いマナーを尊重して快適に利用したいですね。

ドライブプランを立てよう1

ふらふら無計画なドライブも楽しいですが、やはりプランを立てるともっと楽しくなります。
1日の走行距離ですが観光目的なら高速道路利用で300Km、一般道路なら150Km程度を目安にドライブプランを立てよう!
これくらいの距離でプランを立てれば無理なく観光しながらまわれると思います。時間がおしてきても安全運転でおねがいしますね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。