中古車の査定基準

中古車として自分の車が査定される時は、基準がどうなっているのか興味深くはないでしょうか。


中古車の査定基準には、まずその走行距離や年式がポイントとなります。もちろん、年式の古い中古車よりは新しい中古車の方が、そして走行距離が多いよりは少ない中古車の方が査定が高くなるのは、簡単に理解できる基準ですよね。


けれど中古車の査定基準は、それだけで決まっているものでははいのです。実際は全国市場流通価格(オークション)を基準にした査定価格の方が、重視されているようなのです。これは市場の需給のバランスで決まるものですから、中古車の年式が古くても、人気色、人気車種であれば高値ということもあるのです。



一般的に、オートマ車のほうがマニュアル車より高い査定がつくみたいです。また人気車種は、季節や時期によって車種が変動するようですね。



中古車査定基準としては「人気のある車種」とは、新車の人気とは異なる場合があります。それは、新車なら高すぎて買えないが中古車なら安いから買える=人気が出る、といった事情もあるからです。

この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29438913

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。