車酔い3

「我が子は母親が運転すると大丈夫なのに、父親が運転すると気分が悪くなってしまう」ということはありませんか?その時々のお子さんの心理状況や体調なども影響しているのでしょうが、もう一つ気になるのが「運転方法」。ドライバーにとっては気にならない車の揺れが乗り物酔いしやすい人には不快に感じたりするものです。

 ではどのように運転すればよいのでしょうか。「車酔いをさせない運転」という特別な方法があるわけではなく、安全でスムーズな運転を心がければよいのです。急激に発進したり停止したりハンドルを切ったり、小刻みにアクセルを踏み込んだりすると必要以上に頭が揺さぶられて車酔いしやすくなってしまいます。緊急時以外は急激な操作は禁物です。また「このドライバーの運転は危ない、事故を起こすかもしれない」と同乗者が感じると心理的に不安になり車酔いを誘引します。「安全運転」が同乗者にとっての「安心運転」にもなっているのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。