雨の日の注意するところ

雨の日は道路の表面水により滑りやすくなってますので急発進、急ハンドル、急ブレーキは危険です。また、スピードを出しすぎるとハイドロプレーニング現象が起きてしまいます。スピードの出し過ぎには注意しましょう。
あとは外から車に乗ったとき持ち込まれる雨の滴。こいつが意外とくせもので、靴底はゴムだから大丈夫だと思っている人もいると思いますが、ブレーキの端を踏んでしまうと簡単に滑ってしまい危険です。
傘カバーやぞうきんなどで水滴予防しましょう!傘カバーはコンビニやスーパーの入り口においてある物でも十分代用できますよ。
あとガラスコーティングしてある車はスタンドなどでの窓ふきサービスは断りましょう!
油膜の原因や撥水材のむらの原因になってしまう場合があるからです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。